愛犬との暮らしから考えるサステナブルなライフスタイル ~ 犬と暮らすからこそ見えてくること ~|More than us

愛犬との暮らしから考えるサステナブルなライフスタイル ~ 犬と暮らすからこそ見えてくること ~|More than us

私たちのパートナーである犬や猫。彼らとのライフスタイルを少し変えるだけで地球の未来を変えられる、ということを「犬・猫との暮らしと地球温暖化~Pawprintを一緒に考えよう~」の記事ではお話ししました。例えば移動手段を自家用車から公共交通機関・自転車に変える、オーガニックの食材を取り入れる、エシカルな方法で生産された製品を購入する、など自分たち人間ができることは比較的簡単に・具体的にイメージが出来ると思います。ですが、愛犬・愛猫の生活となると、なんとなくイメージしにくいという方も多いのではないでしょうか。特に食事については、「地球のため」と思っての選択が逆に彼らの生活の質を落としてしまうのではないか、という不安もあると思います。

今回の記事では、実際に愛犬との生活において、エコロジカル・サステナブルなライフスタイルという課題に取り組んでおられる archer_thecorgiさまにお話をうかがいました。

以下ご寄稿記事
筆者: archer_thecorgi さま
記事中画像はすべてarcher_thecorgi さまからのご提供です

archer_thecorgi

1. 愛犬との生活:Life with Archer

愛犬と夫婦2人の生活も今年で5年目に入りました。今現在わたし達夫婦にとってArcherとの生活がわたし達の生活です。5年前まではそれぞれの趣味やライフスタイルがありましたが、今は愛犬との生活にいい意味で没頭しています。元々の趣味も愛犬と共にできることが優先になり、愛犬を連れて一緒に出かけることが多くなりました。交友関係も愛犬繋がりでの友人と出かけることも増え、車で行ける範囲で犬連れでの旅やお出かけを楽しんでいます。

2. 愛犬と共に生活するからこそ見えてくるサステナブルな在り方

以前から自分たちのできる範囲で、エコロジカルなライフスタイルに取り組んでいましたが、愛犬との生活の中で、サステナブルでエシカルな生活にしていくことの大切さに以前にも増して気づかされました。ここではその気づきについて少しお話していきたいと思います。

archer_thecorgi

犬や猫、どんな動物でも人間同様衣食住には消費が関わってきます。そして消費することを考えると、犬を飼うことは飼わないよりもエコではないように感じます。ですが、愛犬を迎えたことで得られたわたし達夫婦のライフスタイルは、確実にエコロジカルな方向へシフトしていると実感しています。日々の生活時間は規則正しくなり、毎日愛犬と散歩へ出ることで徒歩移動に対して抵抗感がなくなり、爽やかさを感じるようになりました。新型コロナウイルスの影響もありますが、海外旅行が多かった長期休みは、愛犬が喜ぶ自然と戯れるアウトドアアクティビティが堪能できる国内旅行に代わりました。以前からですが夜は室内灯の使用は控え入眠に備えたり、市中心部で生活していた頃はどうしたら愛犬や私たちがストレスなく生活していけるのかを日々考えていました。新居に引越してからは朝日が気持ち良い日は日向でゆっくりな朝を過ごすこともあります。

archer_thecorgi

愛犬の行動やボディーランゲージを日々観察していますが、私たち人間も随時ストレスをコントロールすることの大切さを学びました。食の選択も愛犬を迎え一層気にかけるようになりました。人間同様雑食な愛犬の食事は手軽さや値段より、手間でも人間と同じ食材を使い季節を考え手作りしています。自ら語ることのできないパートナーの健康を食事から維持し安定させることは、彼らにとってもサステナブルなライフスタイルであると考えます。人間の食生活も然り。できる範囲で食材の生産地や生産方法、流通ルートや、もちろん品質を確認しながらサステナブルでエシカルな方法を選択し、信頼できる生産者さんやブランドを利用することによって安心して地球環境に優しい方法で消費することができます。そして、パートナーの食を別と考えるのではなく、家族みんなで同じ食材を消費することで食材の無駄も減りました。

3. より地球にやさしい消費活動:サステナブルな愛犬用アイテム

archer_thecorgi

Hurttaというフィンランド発の犬用ギアブランドのEcoシリーズを数点所有し愛用しています。Ecoシリーズはリサイクル素材である回収ペットボトルからできた再生ポリエステル繊維を80-100%(一部60-80%)使用した製品で、作りやデザイン、性能がしっかりしており信頼して使用しています。また、Litto Howlerのリードや首輪も信頼して使用しています。Litto Howlerはアメリカのギアブランドで、安全性最優先最重視、リード修理サービス、再利用&リサイクル可能なパッケージを使用、マスプロダクションではなくひとつひとつ手作業で作製しブランドやコミュニティに情熱を注いでいます。ここのリードはアウトドアで使用する人や状況、環境を考えデザインされており、通年通してアウトドアアクティビティで大活躍しています。

作りや安全性がしっかりしている商品を購入することで、破損頻度の低下や充分な製品満足度にも繋がります。無駄な買い替えが控えられるためサステナブルかつエコな選択ではないかなと思っています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Puffy’s Natural Life (@puffysnaturallife)

食分野では、More Than Us の読者の方にはおなじみだと思いますが、Puffy’s Natural Lifeの製品は欠かせません。Puffy’s Natural Lifeは犬猫専用オーガニックサプリメントのブランドです。オーガニックかつホールフードの素材を使用していること、地球環境と身体の健康の繋がりを重視していること、パッケージを脱プラ再利用で徹底していること、そして何よりもPuffy’s Natural Lifeの製品は犬猫の身体の健康を最優先に考え作られていること。とても信頼して利用している国内ブランドです。

4. 愛犬の食生活:愛犬の体質を第一に選択肢は広く

archer_thecorgi

Archerを迎えて約半年がたった頃に、あることがきっかけで犬の食について調べ始めたことがありました。そして目に止まったページに変に納得し、犬には肉食が必須だと思っていた頃がありました。そして犬のヴィーガンやベジタリアン食はただの食の流行りや新しい食のスタイルの流れで、犬の食事にも当てはめているだけだと思っていました。その後、肉食やバーフダイエットを経て、愛犬の症状を見つつ東洋医学の分野や手作り食についてわかる範囲で学び、セミナーやカウンセリングを受けたりしました。そのようにして調べ学んでいく中で、ライフスタイルやArcherの体質に合う食事を考えた時に、必ずしも肉食やグレインフリーでなくてもいいのだということがわかりました。

More Than Usサポーター パフィーズナチュラルライフ
記事中ご紹介いただいたパフィーズナチュラルライフは、More Than Usのサポーター企業です。

More Than Us過去セミナーより ~ 私たちの生命は生物学 ~

More Than Us過去セミナーより ~ 私たちの生命は生物学 ~

More Than Usでは2020年から2021年にかけて、動物福祉・地球環境問題について包括的にお話しする4回シリーズのセミナーを開催しました。ブログ記事の形でその内容をご紹介します。

「私たちの生命は生物学」と題したシリーズ3回目のセミナーでは、46億歳の地球とそこに住む命の足取りを地球の誕生からたどりました。

隕石がぶつかり地球の軸が傾いたことで、地球には様々な気候と環境が生まれます。最初は酸素もなく生き物もいなかった地球。そしてついに、最初の単細胞生物が水中に現れます。私たちのようなDNAも持たず、光合成もできなかったこの微生物が熱と硫黄を消費し酸素を作り出したのです。

そこから地球には、様々な生物が現れては消えていきます。カンブリア紀に爆発的に生物の種が増えた後、植物・動物はどんどん大きくなっていきました。爬虫類が地上を支配するようになり、恐竜が登場。恐竜は進化の観点から非常に成功した生物ですが、身体が大きいため食物をたくさん必要としました。

そして6千 600万年前、また別の惑星が地球にぶつかり、地球を煤が覆ったことで、植物が絶滅。草食恐竜は食べものがなくなり、その草食恐竜を食べていた肉食恐竜も死に絶えました。恐竜の絶滅です。

More Than Usセミナーの写真

恐竜の絶滅は、生態系(ある場所にある土や空気や水などのひとかたまり)には波及効果があることを教えてくれます。惑星は恐竜にぶつかったのではなく、植物が地球への惑星衝突の結果死に絶え、それによる食べもの不足で恐竜が死に絶えたのです。ですから特定の生物種が絶滅するとき、その影響はその生物にだけ及ぶのではなく、すべてのつながっている生物に及ぶ、ということです。これは大切な教訓です。

More Than Usセミナーの写真2

恐竜・その他の生物が絶滅し、生き残ったのが私たちの最初の哺乳類の祖先「アデロバシレウス」です。ネズミほどの大きさのこの生物が、私たちほ乳類すべての祖先なのです。この生物とそれに続いた初期の哺乳類はみな、恐竜を避けるため夜行性で木の上に住んでいました。

このアデロバシレウスは目が大きく嗅覚が発達していたのですが、そこから得られるたくさんの情報を処理するために大きな脳が必要でした(恐竜はクルミの実ほどの大きさ)。

これだけ大きな脳を持つ動物は地球の歴史上はじめてで、さらに、そのため成長により時間がかかり卵でなく赤ちゃんを育てるというスタイルが発達しました。恐竜のいない地球でこうした生物が繁栄し何百万年もかけて多様な哺乳類に枝分かれして進化していきます。

More Than Usセミナーの写真3

この何億年もかけてつくられてきた地球のシステムは、人間が作ることはできません。これだけ地球に影響を及ぼしている人間ですが、人間が地球に出現したのは、地球の歴史をカレンダーに例えると、12月31日の夜11時、という、非常に最近のことなのです。

何十・何百億年をかけて培われてきたものを簡単に取り換えることはできないこと、私たちはこれを忘れてはならないのです。

More Than Us過去セミナーより ~ 卵と草原と動物解放:アニマルウェルフェアってなあに? ~

More Than Us過去セミナーより ~ 卵と草原と動物解放:アニマルウェルフェアってなあに? ~

More Than Usでは2020年から2021年にかけて、動物福祉・地球環境問題について包括的にお話しする4回シリーズのセミナーを開催しました。ブログ記事の形でその内容をご紹介します。

「卵と草原と動物解放」と題したシリーズ2回目のセミナーでは、やわらかく「アニマルウェルフェアとは何か?」を考える1時間を目指し、まずはよく知られる「5つの自由」を「うちの子」に当てはめることからスタート。ドッグトレーナーで More Than Us メンバーの Misaki から、犬のストレスへの対処方法として「ストレスにうまく向き合えるようにしてあげる」ことについてお話しました。

犬の写真

そこから、5つの自由を野良猫、動物園や水族館の動物、さらには家畜に当てはめるとどうか?と少し考えていただきました。例えば野生のイルカは種類によっては1000キロ以上にもわたっていること、それを考えるとどんなに広い水族館でも5つの自由の5番目(正常な行動を表現する自由)は確保できないことなどを紹介しました。

More Than Usセミナーの写真

そして、もともとアニマルウェルフェアは「人間による動物の支配の歴史」への反動であったことをお話しました。西洋では古代ギリシャ時代の哲学者やユダヤキリスト教の要素を基盤としているとされる、人間優位の歴史です。17世紀には「動物は機械である」とする考えが最高潮に達し、やがてその反発としての現代のアニマルウェルフェアの芽生えに続きます。

写真:18世紀の啓蒙主義の思想家、ジェレミー・ベンサム

問題は、彼らが思考できるか、ということでも、彼らが話せるか、ということでもなくて、彼らは苦しむことができるか、ということである。 

ジェレミー・ベンサム

18世紀には、後に多くのウェルフェア家が引用する上記の有名なセリフを思想家ベンサムが残し、現在の、痛みや苦しみを感じる動物には人間は配慮をすべきというアニマルウェルフェアの考えが生まれています。5つの自由が出てきたのは1960年代のイギリス。これは家畜の扱いについて厳しい批判をしたルース・ハリソンの『アニマル・マシーン』という本がきっかけです。

現在、最もよく知られる関連著作のひとつに哲学者ピーター・シンガーの『動物の解放』があります。シンガーは動物への「差別」を「種差別」とし、人種や性別に基づいて行われる差別と同じとし、痛みや苦痛を感じる生き物たちへ、人間からの配慮の「枠」をいかに拡大できるかを問いかけています。

「うちの子」たちはお肉をたくさん食べています。卵や乳製品のパッケージによくある広々とした草原とは裏腹な現状。人間の管理下にある他の動物たちも同じことです。「うちの子」の幸せとは格段に違うレベルです。

セミナーの最後に、自分たちに何ができるか?を一緒に考えてみました。まずは「知ること」。そして自分で考えてみてから、アクションを取ること。人間はこの地球に暮らす以上、誰しも動物に関係のない人はいません。アニマルウェルフェアは「動物好きな人」が考えることではなく、人類みんなに関係のある問題である、だから関係ないと言っている人に考えてもらうことが大切、ということをお話しました。

More Than Usセミナーの写真

考えてもらうにはどうしたらいいか?こうしたことを一気に一人で解決することはできませんし、無理をしすぎると怒りや分断を生むということをお伝えしています。たとえば「ビーガン」は難しくても基本は植物ベースで過ごしてみる「フレキシタリアン」スタイルなど、より人にも進めやすい柔らかいやり方も今はたくさん選択肢があります。できることからはじめよう、月並みですがそんな話で締めくくりました。

数万年の時を超えるパートナー ~ 人と共に進化した犬の食事情|More than us

数万年の時を超えるパートナー ~ 人と共に進化した犬の食事情|More than us

犬・猫との暮らしと地球温暖化~Pawprintを一緒に考えよう~」の記事では、気候変動問題について考えるにあたって、特にお肉メインの食事を犬に与えることが課題になるということをお話ししました。「そうは言っても、お肉をあげないとダメなんじゃないか?」という疑問はどうしても湧いてきます。ですが、犬が人間と共に遂げてきた進化の道のりをたどると、「絶対お肉じゃなくても大丈夫なのかな?」と視点が広がるヒントが見えてきます。この記事では、犬が人間との生活で遂げた進化と、そこから見えてくるライフスタイルの可能性についてお話ししたいと思います。



犬と人間との長い付き合い:狼から狩猟のパートナーへ

犬と人間との長い付き合い:狼から狩猟のパートナーへ

まずは、犬と人との出会いまでさかのぼってみましょう。犬の祖先である狼と人間はいつ出会い、狼はいつ「犬になった」のか。出会いは恐らく3万年ほど前のヨーロッパだったのではないか、など様々な説がありますが、犬と人間との縁は「万年単位」の大昔にさかのぼります。2017年には、サウジアラビア北西部にある遺跡から犬と共に狩りを行う人間の姿を描いた岩絵が発見されました。紀元前7~8世紀に描かれたであろうとされるこの岩絵からは、人が犬と共に高度な戦略を用いた狩猟をしており、犬がすでに大切な狩猟のパートナーとして管理されていた可能性があることが分かったそうです。(National GeographicJournal of Anthropological Archaeology

犬と狼は違う生き物:人との暮らしで変化した犬の食生活

何万年も前に始まった人間との生活の中で、犬は人間が食べる物を食べられるように進化していきました。犬にとって最も自然・理想的な食事として、狼の食事(wolf diet)、バーフダイエット(BARF:生肉を中心とするローフード)という言葉を見ることが多くありますが、実は犬は私たちが思う以上に狼とは違う動物です。

その大きな違いの一つが、犬が持つ穀類を消化することができる能力。狼は持たないこの消化能力は、農耕を行う人類と共に暮らす中で獲得されていったと考えられています。つまり、犬は大昔から雑食で、お肉が中心の食事が必ずしも絶対ではないということが分かります。

私たちの気持ちは犬に筒抜け?人間の感情を理解するよう進化した犬

少し話題がそれますが、人間との生活で犬が遂げた進化は、消化能力だけではありません。新型コロナウイルスの蔓延にともなうステイホームという状況の中、犬を始めペットを家族に迎える人が増えました。2020年に海外でペットと暮らしている人を対象に行われた調査では、約90%の人が「ペットが精神的な支えになっている」と回答しています。(National geographic) 犬が自分の気持ちに寄り添ってくれているな、と感じる場面は日常生活の中に多くあると思いますが、犬の脳は人間の感情を理解できるように進化したということが研究により分かっています。(Plos One)また、別の研究では、怒った顔・ストレスを感じている顔をした人の写真を見せられると、犬がストレスを感じるということが分かったそうです。(Learning and Behavior

プラントベースから昆虫まで!?多様化するワンちゃんのグルメ事情

日本ではまだなかなか見かけませんが、欧米では肉がメインではないフードがすでに登場しています。プラントベースのヴィーガンフードや、昆虫プロテイン(!)を使用したものまで、実にバラエティ豊かです。また、肉や魚だけでなく豆類をたんぱく質源として使う、肉・魚を使わないヴィーガンレシピの日を設けるなど、レシピの幅を広げて手作り食を楽しむ人もいます。犬は(もちろん避けるべき食材はありますが)、私たちが思う以上に種類豊富な食材を健康的に楽しむことができる。そう考えると、ちょっとワクワクしてきませんか?

犬の食事と健康については、専門家のMikeから別の記事でまた詳しくお話しする予定です。お楽しみに!

森林火災と私達~買物かごの中ちょっと見直してみませんか?~|More than us

森林火災と私達~買物かごの中ちょっと見直してみませんか?~|More than us

2019~2020年にかけて発生したオーストラリアの森林火災は世界中で大きな注目を集め、日本でも森林火災・山火事という災害が広く認識されるきっかけとなりました。実は、2020年にはロシアのシベリア、アメリカのカリフォルニアでも大規模な森林火災が起き、甚大な被害が出ました。日本ではあまり馴染みのない災害ですが、森林火災は今後2030年までに現在の3倍に増加するだろうと言われています(The Guardian)なぜこのようなことになったのでしょうか。

森林が失われることの本当の意味

森林火災の増加・規模の拡大の原因は、「人為的要因」による気温の上昇であるという報告が数多く出ています。火災によって人の生活・社会、自然に甚大な被害が出ることはもちろん脅威です。ですが、森林火災が真に恐ろしいのは、火災によって地球の肺であり気温や気候を調整してくれる非常に大切な役割を担った森林が減ってしまうということです。森林が失われると、負のスパイラルが始まってしまいます。

オーストラリアの火災の際に各メディアで報道された、コアラやカンガルーの痛ましい姿が記憶に残っている人も多いのではないでしょうか。オーストラリアのコアラやカンガルーに限らず、「森林」と私たちが呼んでいる場所は生き物の住処です。森林に暮らす彼らの生死は、森林が健康であるかどうかにかかっています。火災が起こっているのはオーストラリアだけではありません。記事の冒頭ではオーストラリアの他に、シベリア、カリフォルニアの例をあげましたが、実はブラジルやインドネシアでも毎年大規模な森林火災が起きており、多くの生き物が焼け出されています。特にブラジルやインドネシアのような熱帯地域の森林は、世界で最も生物多様性が豊かな森林でもあります。

森林火災が起こる原因

森林火災の原因は一つには絞れませんが、気温上昇と空気の乾燥による自然発生的なものから、森林を農地にするための人為的なものまで様々です。また、深い森の端が開発のために伐採されると、そこに人が入り、火災が起きやすくもなります。伐採されて劣化した森林は、世界各地で次々と農地に変えられていっており、1分ごとにサッカー場15個分の森林が消えているという報告もあります(Climate Disclosure Project)。オーストラリアやタスマニアの場合には紙やパルプ、バイオマスの原料となるユーカリやアカシアなどの植林、インドネシアではパームの植林、ブラジルでは家畜の飼料である大豆栽培や牛の放牧。そして人口が爆発的に増える今、この風景は広がり続けるばかりです。

私達ができること:買物かごを見直すこと

気候危機をどう回避できるか。これはかなり大きな課題で、残念ながら一人の力では達成することはできません。ですが、私たち一人一人にも、しかも毎日できることがあります。それは、自分が購入する日用品や食べ物の見直しです。

インスタント食品やスナック菓子などを控える

これらの食品には、上でも触れたヤシ(パーム)の実から作られるパーム油が使われています。(参考:WWF Japan

ティッシュなどの紙製品は認証品を探す

認証品にはパッケージにFSCPEFCなどのマークが入っています。FSC・PEFCはどちらも、その製品が適正に管理された森林の木材から作られていることを示す国際的な認証制度です。

肉食を控える

食肉、特に牛肉の生産には膨大な環境負荷がかかると言われています。地球温暖化問題などの気候機器の対応策の一つとして、肉食を減らそうという動きは実は欧米ではかなりスタンダードになってきています。頭文字を揃えた「Meatless Monday(お肉を控える月曜日)」、「Meat-Free Monday(お肉なしの月曜日)」といったフレーズを目にしたことがある人もいるかもしれませんが、「週一回お野菜レシピにチャレンジしてみる日」「この日はファスティングをする日!」のように、楽しんで習慣化できたらいいですね。

ゆるやかなアプローチ

個人で行うどのような取り組みも、極端な選択肢を取ってしまうと苦痛やストレスになってしまいかねません。個人が置かれた環境や生活のあり方によっては、「これが本来は一番いいんだろうな」と思われる選択肢をとることが出来ない場合もあるでしょう。「〇〇は絶対ダメ」「〇〇は絶対買わない・食べない」ではなく、「控える」というゆるやかなアプローチで、まずは一緒に買い物かごをちょっと見直してみませんか?

2021年3月公開のMariのコラムに加筆・編集 – Mina

食卓と森林減少 ~ 食べるという選択で変わる未来~|More than us

食卓と森林減少 ~ 食べるという選択で変わる未来~|More than us

コーヒーやチョコレート、バターやミルクをたっぷり使ったスイーツ、時々食べたくなるスナック菓子やインスタント食品、そして今流行りのプラントベースの食品たち。直接にお肉やお魚を食べることに比べ、なんとなく罪がないような印象のものばかりですが、実は世界の森林の状態と深い関係があります。

森林減少の現状と原因

世界の森林が今とても危ない、と聞くと、みなさんはどんなことを想像されますか?人類は開拓により森林を切り開いて来ましたし、ヨーロッパのように何世紀も前に森林を切り倒してなくしてしまった地域もあります。

ところが今の森林の減少は、アマゾンの熱帯雨林が木の生えてこない場所に変わってしまうかもしれない、という「ティッピング・ポイント」を迎えようとしています。ティッピング・ポイントとは、自然破壊が一定のところまで進むと、とある点からは回復できないようになってしまう、その点を指します。

なぜこんなことになってしまったのでしょう。人間による様々な開発のための森林伐採が原因ですが、現在、森林減少の80%は「農地転換」が理由です。つまり、農作物を作るために森林が伐採され農地に変わっているということです。

農地に変わる熱帯雨林

例えば、2000年から2010年の間には、世界的に見て700万ヘクタールの熱帯林が消失しています。同じ期間、世界の農地は600万ヘクタール増加しています。単純にすべてが農地に入れ替わったと言うことはできないデータですが、興味深い数値です。そして農地が増加している地域は、南米、アフリカ、東南アジア、の3つの熱帯地域です。(参考:Consumer Goods and Deforestation: An Analysis of the Extent and Nature of Illegality in Forest Conversion for Agriculture and Timber Plantationsなど)

熱帯雨林は、炭素の貯蔵し二酸化炭素を吸収してくれるためとても重要ですし(温暖化ガスの20%は森林伐採が原因です)、たくさんの動植物が生息しています。実は、地球上の生物種の3分の2は熱帯雨林に生息しているため、熱帯雨林は人類にとって、地球にとって、私たちが普段考える以上に重要な森林です。

牛肉・スイーツ・コーヒー・大豆:食卓に見える森林減少

さて、この熱帯雨林を開発してどんな農作物を育てているかと言うと、最初に挙げた食品たちと、牛肉です。スナック菓子やせっけんなど、ありとあらゆるものに使われるパーム油はほぼ東南アジア、それもインドネシアとマレーシアの二か国。コーヒーやチョコレートは主にアフリカ(チョコレートはほぼガーナとアイボリーコースト)。そして一番心配なアマゾンでは牛の放牧と、世界の家畜の飼料となる大豆の栽培のため、広大な面積が焼き払われています。

実はそれぞれの地域での自国消費が70%なのですが、それでも、私たち日本人の日常に深く入り込んでいる製品ばかりです。例えば牛については、ブラジル産の牛肉はあまり見かけないと思いますが、いろんな革製品や車のシートなど、皮革製品はかなり入ってきていると考えていいでしょう。大豆は日本でも家畜の飼料として輸入はされていますし、大豆油はいろんな加工食品に使われています。

たった一つの正解はない:知識と選択が変える未来

ですから例えばプラントベースの食品であってもアマゾンの生物たちの生息地を脅かす原因とつながることがわかります。現代は「○○していれば大丈夫」というようなシンプルな図式が成立しない、複雑なシステムになっていて、そこから独立して生きることは難しい、と言えるかもしれません。

そう聞くと、どうすればいいのかわからない、と感じる方も多いかもしれません。残念ながらこれは自分で答えを出して時々チェックしながら納得して進んでいくしかないのですが、森林と普段の食生活との関係を知ることで一つ一つの選択が変わってくるかもしれません。

もちろん、アニマルウェルフェアという視点からは動物を犠牲にしないライフスタイルのヴィーガン主義が理想です。ただよく「自分はベジタリアンやヴィーガンにはなれない」と罪悪感を感じている人の声も聞きますが、例えばヴィーガンになったとしても全く動物への影響なしに暮らしている人は(おそらくほんの一握りの人を除いては)いないことが森林という一つのキーワードからわかります。要はどのくらいインパクトを減らせるか、ということですが、そのためには広く色々なイシューについて知ることもとても大切です。

変化の兆し。日本はどうなる?私はどうする?

森林の減少と私たちの日常という観点からは、ヨーロッパで今、期待できる動きはあります。2021年11月に行われた気候変動条約の締約国会議の終了とともにEUが発表した、「森林減少に由来しない製品」に関する規制法の案です。ここに書いてきたような製品と木材製品が森林減少の原因になっていたら、EUへの輸入を禁止するという案です。

実は、ユニリーバや英高級スーパー大手のマークス・アンド・スペンサーといった企業はすでに先行して取り組みを続けています。調達する農作物や製品が森林減少に由来しないような努力を輸入企業すべてに求めることになり、実現すればEUではある程度は森林減少に由来しないコーヒーやチョコレート、プラントベースの食べ物などを食べることができるようになることが期待されます。

さて、日本ではどうなるでしょうか。今のところ規制の案はありませんが、これも私たち消費者次第で変わってこないとも限りません。今日は、コーヒーを飲みながら世界の熱帯雨林について、少し考えてみませんか?