森林火災と私達~買物かごの中ちょっと見直してみませんか?~|More than us

森林火災と私達~買物かごの中ちょっと見直してみませんか?~|More than us

2019~2020年にかけて発生したオーストラリアの森林火災は世界中で大きな注目を集め、日本でも森林火災・山火事という災害が広く認識されるきっかけとなりました。実は、2020年にはロシアのシベリア、アメリカのカリフォルニアでも大規模な森林火災が起き、甚大な被害が出ました。日本ではあまり馴染みのない災害ですが、森林火災は今後2030年までに現在の3倍に増加するだろうと言われています(The Guardian)なぜこのようなことになったのでしょうか。

森林が失われることの本当の意味

森林火災の増加・規模の拡大の原因は、「人為的要因」による気温の上昇であるという報告が数多く出ています。火災によって人の生活・社会、自然に甚大な被害が出ることはもちろん脅威です。ですが、森林火災が真に恐ろしいのは、火災によって地球の肺であり気温や気候を調整してくれる非常に大切な役割を担った森林が減ってしまうということです。森林が失われると、負のスパイラルが始まってしまいます。

オーストラリアの火災の際に各メディアで報道された、コアラやカンガルーの痛ましい姿が記憶に残っている人も多いのではないでしょうか。オーストラリアのコアラやカンガルーに限らず、「森林」と私たちが呼んでいる場所は生き物の住処です。森林に暮らす彼らの生死は、森林が健康であるかどうかにかかっています。火災が起こっているのはオーストラリアだけではありません。記事の冒頭ではオーストラリアの他に、シベリア、カリフォルニアの例をあげましたが、実はブラジルやインドネシアでも毎年大規模な森林火災が起きており、多くの生き物が焼け出されています。特にブラジルやインドネシアのような熱帯地域の森林は、世界で最も生物多様性が豊かな森林でもあります。

森林火災が起こる原因

森林火災の原因は一つには絞れませんが、気温上昇と空気の乾燥による自然発生的なものから、森林を農地にするための人為的なものまで様々です。また、深い森の端が開発のために伐採されると、そこに人が入り、火災が起きやすくもなります。伐採されて劣化した森林は、世界各地で次々と農地に変えられていっており、1分ごとにサッカー場15個分の森林が消えているという報告もあります(Climate Disclosure Project)。オーストラリアやタスマニアの場合には紙やパルプ、バイオマスの原料となるユーカリやアカシアなどの植林、インドネシアではパームの植林、ブラジルでは家畜の飼料である大豆栽培や牛の放牧。そして人口が爆発的に増える今、この風景は広がり続けるばかりです。

私達ができること:買物かごを見直すこと

気候危機をどう回避できるか。これはかなり大きな課題で、残念ながら一人の力では達成することはできません。ですが、私たち一人一人にも、しかも毎日できることがあります。それは、自分が購入する日用品や食べ物の見直しです。

インスタント食品やスナック菓子などを控える

これらの食品には、上でも触れたヤシ(パーム)の実から作られるパーム油が使われています。(参考:WWF Japan

ティッシュなどの紙製品は認証品を探す

認証品にはパッケージにFSCPEFCなどのマークが入っています。FSC・PEFCはどちらも、その製品が適正に管理された森林の木材から作られていることを示す国際的な認証制度です。

肉食を控える

食肉、特に牛肉の生産には膨大な環境負荷がかかると言われています。地球温暖化問題などの気候機器の対応策の一つとして、肉食を減らそうという動きは実は欧米ではかなりスタンダードになってきています。頭文字を揃えた「Meatless Monday(お肉を控える月曜日)」、「Meat-Free Monday(お肉なしの月曜日)」といったフレーズを目にしたことがある人もいるかもしれませんが、「週一回お野菜レシピにチャレンジしてみる日」「この日はファスティングをする日!」のように、楽しんで習慣化できたらいいですね。

ゆるやかなアプローチ

個人で行うどのような取り組みも、極端な選択肢を取ってしまうと苦痛やストレスになってしまいかねません。個人が置かれた環境や生活のあり方によっては、「これが本来は一番いいんだろうな」と思われる選択肢をとることが出来ない場合もあるでしょう。「〇〇は絶対ダメ」「〇〇は絶対買わない・食べない」ではなく、「控える」というゆるやかなアプローチで、まずは一緒に買い物かごをちょっと見直してみませんか?

2021年3月公開のMariのコラムに加筆・編集 – Mina

食卓と森林減少 ~ 食べるという選択で変わる未来~|More than us

食卓と森林減少 ~ 食べるという選択で変わる未来~|More than us

コーヒーやチョコレート、バターやミルクをたっぷり使ったスイーツ、時々食べたくなるスナック菓子やインスタント食品、そして今流行りのプラントベースの食品たち。直接にお肉やお魚を食べることに比べ、なんとなく罪がないような印象のものばかりですが、実は世界の森林の状態と深い関係があります。

森林減少の現状と原因

世界の森林が今とても危ない、と聞くと、みなさんはどんなことを想像されますか?人類は開拓により森林を切り開いて来ましたし、ヨーロッパのように何世紀も前に森林を切り倒してなくしてしまった地域もあります。

ところが今の森林の減少は、アマゾンの熱帯雨林が木の生えてこない場所に変わってしまうかもしれない、という「ティッピング・ポイント」を迎えようとしています。ティッピング・ポイントとは、自然破壊が一定のところまで進むと、とある点からは回復できないようになってしまう、その点を指します。

なぜこんなことになってしまったのでしょう。人間による様々な開発のための森林伐採が原因ですが、現在、森林減少の80%は「農地転換」が理由です。つまり、農作物を作るために森林が伐採され農地に変わっているということです。

農地に変わる熱帯雨林

例えば、2000年から2010年の間には、世界的に見て700万ヘクタールの熱帯林が消失しています。同じ期間、世界の農地は600万ヘクタール増加しています。単純にすべてが農地に入れ替わったと言うことはできないデータですが、興味深い数値です。そして農地が増加している地域は、南米、アフリカ、東南アジア、の3つの熱帯地域です。(参考:Consumer Goods and Deforestation: An Analysis of the Extent and Nature of Illegality in Forest Conversion for Agriculture and Timber Plantationsなど)

熱帯雨林は、炭素の貯蔵し二酸化炭素を吸収してくれるためとても重要ですし(温暖化ガスの20%は森林伐採が原因です)、たくさんの動植物が生息しています。実は、地球上の生物種の3分の2は熱帯雨林に生息しているため、熱帯雨林は人類にとって、地球にとって、私たちが普段考える以上に重要な森林です。

牛肉・スイーツ・コーヒー・大豆:食卓に見える森林減少

さて、この熱帯雨林を開発してどんな農作物を育てているかと言うと、最初に挙げた食品たちと、牛肉です。スナック菓子やせっけんなど、ありとあらゆるものに使われるパーム油はほぼ東南アジア、それもインドネシアとマレーシアの二か国。コーヒーやチョコレートは主にアフリカ(チョコレートはほぼガーナとアイボリーコースト)。そして一番心配なアマゾンでは牛の放牧と、世界の家畜の飼料となる大豆の栽培のため、広大な面積が焼き払われています。

実はそれぞれの地域での自国消費が70%なのですが、それでも、私たち日本人の日常に深く入り込んでいる製品ばかりです。例えば牛については、ブラジル産の牛肉はあまり見かけないと思いますが、いろんな革製品や車のシートなど、皮革製品はかなり入ってきていると考えていいでしょう。大豆は日本でも家畜の飼料として輸入はされていますし、大豆油はいろんな加工食品に使われています。

たった一つの正解はない:知識と選択が変える未来

ですから例えばプラントベースの食品であってもアマゾンの生物たちの生息地を脅かす原因とつながることがわかります。現代は「○○していれば大丈夫」というようなシンプルな図式が成立しない、複雑なシステムになっていて、そこから独立して生きることは難しい、と言えるかもしれません。

そう聞くと、どうすればいいのかわからない、と感じる方も多いかもしれません。残念ながらこれは自分で答えを出して時々チェックしながら納得して進んでいくしかないのですが、森林と普段の食生活との関係を知ることで一つ一つの選択が変わってくるかもしれません。

もちろん、アニマルウェルフェアという視点からは動物を犠牲にしないライフスタイルのヴィーガン主義が理想です。ただよく「自分はベジタリアンやヴィーガンにはなれない」と罪悪感を感じている人の声も聞きますが、例えばヴィーガンになったとしても全く動物への影響なしに暮らしている人は(おそらくほんの一握りの人を除いては)いないことが森林という一つのキーワードからわかります。要はどのくらいインパクトを減らせるか、ということですが、そのためには広く色々なイシューについて知ることもとても大切です。

変化の兆し。日本はどうなる?私はどうする?

森林の減少と私たちの日常という観点からは、ヨーロッパで今、期待できる動きはあります。2021年11月に行われた気候変動条約の締約国会議の終了とともにEUが発表した、「森林減少に由来しない製品」に関する規制法の案です。ここに書いてきたような製品と木材製品が森林減少の原因になっていたら、EUへの輸入を禁止するという案です。

実は、ユニリーバや英高級スーパー大手のマークス・アンド・スペンサーといった企業はすでに先行して取り組みを続けています。調達する農作物や製品が森林減少に由来しないような努力を輸入企業すべてに求めることになり、実現すればEUではある程度は森林減少に由来しないコーヒーやチョコレート、プラントベースの食べ物などを食べることができるようになることが期待されます。

さて、日本ではどうなるでしょうか。今のところ規制の案はありませんが、これも私たち消費者次第で変わってこないとも限りません。今日は、コーヒーを飲みながら世界の熱帯雨林について、少し考えてみませんか?